カードローンと街金の金利の違い

街金には、大手の消費者金融(プロミス、アコムなど)と比較した際に、地元に密着している中小規模の金融会社が該当します。お金を借りたい人のために、必要な金額を融資するという点においては、それほど変わりません。カードローンと街金の一番の違いは、金利です。

金利の高さは「カードローン<消費者金融≦街金」

まずは、主な銀行系カードローンと消費者金融と街金の金利を比較してみます。

主な銀行系カードローンの金利

・三井住友銀行カードローン:年4.0%~14.5%
・みずほ銀行カードローン:年2.0%~14.0%
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」:年1.8%~14.6%
・イオン銀行カードローンBIG:年3.8%~13.8%
・楽天銀行カードローン:年1.9%~14.5%

10万円を借り入れて30日後に返済した場合の利息は、1,134円から1,200円です。
※10万円の借り入れには、多くの場合、最大の金利が適用されるため

主な街金と消費者金融の金利

消費者金融

・プロミス:年4.5%~17.8%
・アコム:年3.0%~18.0%
・アイフル:年3.0%~18.0%
・SMBCモビット:年3.0%~18.0%

10万円を借り入れて30日後に返済した場合の利息は、1,463円から1,479円です。

街金

・ライフティ:年8.0%~20.0%
・アロー:年15.0%~19.94%
・フクホー:年7.3%~18.0%

10万円を借り入れて30日後に返済した場合の利息は、1,479円から1,643円です。