カードローンと闇金の金利の違い

カードローンと闇金のわかりやすい違いは、貸金業者としての登録の有無と金利です。利息制限法第一章・第一条にて定められた金利は以下のとおりです。

~99,999円:年20%(最大)
100,000円~999,999円:年18%(最大)
1,000,000円~:年15%(最大)

この金利を超えた金利で貸付をした場合、無効となります。

ちなみに遅延損害金の上限(制限金利の1.46倍/利息制限法第一章・第四条)は次のとおりです。

~99,999円:年29.2%(最大)
100,000円~999,999円:年26.28%(最大)
1,000,000円~:年21.9%(最大)

主なカードローン(銀行系/消費者金融)の金利

・三井住友銀行カードローン:年4.0%~14.5%
・みずほ銀行カードローン:年2.0%~14.0%
・三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」:年1.8%~14.6%
・プロミス:年4.5%~17.8%
・アコム:年3.0%~18.0%
・アイフル:年3.0%~18.0%
・SMBCモビット:年3.0%~18.0%

闇金の金利

・トイチ(10日で1割の利息):年365%(単利)、年3,142%(複利)
・トサン(10日で3割の利息):年1,095%(単利)、1,441,791%(複利)
・トゴ(10日で5割の利息):年1,825%(単利)、267,504,316%(複利)

仮にトイチの金利で10万円を借りた場合、10日後に1万円の利息が発生します。
1年後にはなんと365,000円の利息です。